三軒茶屋駅徒歩1分!広い店内で大人数での飲み会にぴったりな「淡路島と喰らえ 三軒茶屋店」

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
  • ブックマークする
  • クリップする

三軒茶屋で会社の同僚と飲み会

金曜、会社近くの三軒茶屋で同僚と飲んで帰ることに。
「後から課長も来るってー。お店どこにしようか?」

今日は金曜日。
2人くらいならいつものお店で入れそうなんだけど、
4人ともなるとなかなかすんなり入れそうなお店が思いつかない。
しかも課長も来るとなると、料理が美味しい店じゃないとうるさいからなぁ…。

「前に西友の近くで行ったお店がお魚とか淡路島産にこだわってて美味しかったし、
駅前なのに結構大箱のお店だったからいいかも!」
と一人の子が言ったお店「淡路島と喰らえ 三軒茶屋店」に行ってみることに。

さっそくお店に行ってみました

「ここ。この2階のお店だよ」

確かに三軒茶屋駅から徒歩1分くらいでかなり駅近。これならみんな遅くなっても帰りやすそう。

エレベーターで2階に上がりドアが開くと、目の前にどーんと大漁旗が登場!

これは確かに新鮮な魚にこだわってそう!

お店の人に聞いてみると、予約なしでもなんとか4人入れるとのこと。よかったー。

席に案内してもらう途中店内を見回すと、こんなかなり大きい個室も。

20人くらい入りそうだから、忘年会や新年会とか会社全体で飲みに行く時とかに使えそう

「こちらも仕切りを外してテーブルをくっつければ、10人入れる個室になりますよ」

確かに大人数で来ても入れそうな個室がいっぱいで、三茶にしては珍しい大箱のお店

今回案内されたのは、こちらの個室。

個室の数が多いから、4人なのに個室にしてくれたのが嬉しい。

「入れてよかったねー」

hp_awajishima

hp_awajishima

まずは乾杯!

まずは「生ビール」で乾杯。

「おつかれさまー!」

メニューを見てみると、淡路島の地図が描いてあってどれも淡路島産の素材にこだわっているみたい。

忘年会用のおトクなコースも何種類かあるみたい。

「ここ大勢入れるみたいだから、会社で忘年会やるときとかにもいいかもねー」

こちらはお通しの「アスパラガスの豆腐」

ほのかな苦味がアスパラガスの味わいそのもの!マヨネーズソースとの相性はもちろんばっちり

tel

hp_awajishima

ぜひ頼みたい料理は…

店員さんがお魚が丸ごとのったざるを持ってきて、説明してくれる。

これはお店名物の「ざるみせ」というものらしくて、その日淡路島から届いたばかりの魚からお客さんが好きなものを選んで煮付けや焼きなど好きな料理にしてくれるそう。

確かにどの魚も新鮮でピカピカ光ってる

上から、この日届いたばかりの「たちうお、さごし、ひらめ、こち、うまづら、まながつお、ほうぼう」だそう。

店員さんおすすめの淡路島産の「たちうお」を唐揚げにしてもらうことに。

魚にこだわっているならお刺身は食べておきたい、ということで「お造りの三種盛り」を注文。

本日は、「まぐろ、かんぱち、たこ」の三種。

どの魚も新鮮でプリプリした食感でとっても美味しい!

しかも厚切りだから魚の旨味がたっぷり味わえます。

「脂がすごいのっててとろけるー」

野菜も何か摂らないと…ということでオーダーした、「淡路玉葱のチーズ焼き」

石の上で焼かれた玉ねぎの上に、トマトソースとチーズがとろーり。

じっくり焼かれた玉ねぎはとっても柔らかくて甘い

トマトソースとチーズで後を引く味わいに。

「あ、課長おつかれさまですー!」

ここで遅れてきた課長と先輩が合流。

計5人に!

5人まで座れる部屋で良かった…。

後から合流した2人は、淡路島の地ビール「あわぢビール(島レモン)」で乾杯。

一口飲ませてもらうと、レモンの爽やかな香りと酸味で、さっぱり飲みやすい

hp_awajishima

hp_awajishima

「ざるみせ」で注文した、「たちうおの唐揚げ」
すごい、骨まで揚げて骨せんべいになってる!
まさに余すところなく注文した魚を使ってくれていて感動。
紅葉おろしとあさつきを入れたポン酢で。
唐揚げなのにさっぱり味わえます。
 「次はせっかくだし日本酒飲みたくない?」と注文した、淡路島の都美人酒造の「辛口 渦酒」
2合頼んで、おちょこ3つでちびちびと。
確かに辛口で、キレがあるけど飲みやすい
肉好きな先輩が追加で注文した、「淡路猪豚のローストポーク」
「私はローストポークに合わせてワイン頼もう」と、先輩が「グラスワイン」を注文。
日本酒を飲んでたりワイン飲んでたり、みんな好き勝手に飲んでます。笑
「淡路猪豚のローストポーク」は、ジューシーな味わいで肉の旨味たっぷり
添えられた淡路玉葱の薄切りのシャキシャキした食感が良いアクセントに。
課長が注文した「白子の揚げ出し」
甘辛い出汁とフワフワ食感でまろやかな味わいの白子に、日本酒が進みます。
気になっていた、「淡路びわハイボール」を注文。
ウイスキーを淡路産の「枇杷サイダー」で割ります。
優しい甘さのハイボール。

tel

hp_awajishima

〆はこれで!

「〆が何か食べたい」という人がいたので頼んだ、「土鍋ごはん淡路鯛めし」

お頭を丸ごと入れて炊き上げるそう。

店員さんが鯛の身をほぐして食べやすくして持ってきてくれました。

「鯛めし」をいただくと、鯛の出汁や身から出た旨味がたっぷりで、お腹いっぱいなのに食べられちゃいます。

1杯目はそのまま、2杯目は熱々の出汁をかけて「鯛の出汁茶漬け」で。

鯛の旨味が溶け出した熱々の出汁が、体にじんわり染み渡ります

hp_awajishima

hp_awajishima

ぜひまた行ってみたい!

今回初めて「淡路島と喰らえ 三軒茶屋店」に行ってみましたが、三軒茶屋にしては珍しく広いお店で人数が多くても入りやすく淡路島にこだわった美味しい魚料理やお酒が味わえてとっても満喫できました。

会社の忘年会や新年会など人数が多めの飲み会や、目上の人など料理の味にうるさい人がいる時には、ぜひまた利用したいと思います。

tel

hp_awajishima

※この記事は広告です。
淡路島と喰らえ 三軒茶屋店様ご協力ありがとうございました。

<<店舗情報>>
  • 目的シーン:ひとりのみ、デート、友人・知人・同僚、接待・上司、大人数の宴会
  • 駅からのアクセス:北A出口徒歩1分 約90m
  • 金額:4,000~4,999円
  • 時間:[ランチ] 11:30~14:30    [ディナー]17:00~23:30 ※毎週水曜日はランチ定休日
  • 定休日:月曜
  • TEL:050-7576-5935
  • 住所:東京都世田谷区太子堂4-23-13 遊楽ビル 2F

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
     
  • ひとりのみ、デート、友人・知人・同僚、接待・上司、大人数の宴会
  •  
  • 北A出口徒歩1分 約90m
  •  
  • 4,000~4,999円
  •  
  • [ランチ] 11:30~14:30    [ディナー]17:00~23:30 ※毎週水曜日はランチ定休日
  •  
  • 定休日
  •  
  • 050-7576-5935
  •  
  • 東京都世田谷区太子堂4-23-13 遊楽ビル 2F
  •